​​プロボノの支援を受けたい団体、企業、個人の方へ

​​異なる所属の方との交流で新しい知見を!

​外部の知見を事業に活かす

年齢や所属の異なるビジネスパーソンが自社の課題について共に考え、知識を共有し、ともに課題解決に向かうことは、自社にとって課題解決の多くのヒントとなります。
​一人やいつもと同じメンバーで考える内容について、外部の知見は新鮮勝つ有意義なものになるでしょう。

7c548632282adbd40e337a98e9753cc2_t.jpeg

支援活動

​支援活動は通常2~6か月のプロジェクト形式で行います。
課題の確認や整理から、プロボノチームのメンバーと一緒に考えていきます。
期間限定ながらお互いに信頼できる関係性を築きながら、自社の課題の発見と解決を協働して行います。

Women Holding Hands
 
プロボノ風景カラーぼかし.JPG
 

©2023 by [ Kyoto Probono Initiative